なた豆茶は後鼻漏にも効果はある?

なた豆茶の基本情報

なた豆茶を飲み始める理由として最も多いのが、蓄膿症を改善したいということです。
蓄膿症になると、のどのほうにまで鼻水が流れる後鼻漏になる人も多く、蓄膿症と一緒に後鼻漏を改善したいという人もいます。
なた豆茶は、蓄膿症だけではなく、後鼻漏にまで効果があるのでしょうか。
そこで、なた豆茶は、後鼻漏を改善する効果を期待できるのかについて徹底調査しました。
蓄膿症や後鼻漏に悩む人必見の記事となっています。

後鼻漏とは?

そもそも後鼻漏とはどのような症状を感じるものなのでしょうか。
あまり聞き慣れないという人も多い後鼻漏について解説します。

のどの奥に違和感があるなら要注意!

鼻水が出ない状態でも、鼻の奥は常に粘液に覆われています。
でも、粘液が鼻水として鼻の方に出てくることはありませんよね。
粘液は、毎日約6リットル作られ、鼻の粘膜の機能によって、自然とのどに流れています。
いつも粘液はのどを通っているのです。
これによって鼻やのどを守り、健康を維持しています。
しかし、風邪や鼻炎などで鼻水が出るようになると、のどに粘液を流す粘膜の機能が悪くなる場合があります。
粘膜の機能が悪くなっている上に、たくさんの鼻水が出ているので、のどにどろっとした鼻水が流れるようになり、のどに気持ち悪さを感じるのです。
そして、鼻をいくらかんでも、鼻水をすっきり出すことはできず、のどのほうへ流れてしまうようになります。
それが後鼻漏の症状です。
最初は痰と勘違いする人もいますが、だんだんとどろっと溜まった感じがしてくるので、ほとんどの人がその時点で後鼻漏と気づきます。
特に、夜寝ているときに後鼻漏の症状を強く感じることがあります。
寝ていると、鼻からのどに鼻水が流れやすくなるためです。
夜眠りにくくなり、寝不足となる人もいます。

蓄膿症によって鼻の粘膜が炎症を起こすことが後鼻漏の原因となり、蓄膿症と後鼻漏には深い関係があります。
炎症が続くと、耳にも悪い影響があり、耳の聞こえが悪くなることもあるため、早めの対処が大切です。

なた豆茶は蓄膿症だけではなく後鼻漏にも効果がある?

蓄膿症になり、なた豆茶を飲んでみようとする人は多く、なた豆茶が蓄膿症の改善に効果が期待できるということはよく知られています。
なた豆茶には、アミノ酸の一種であるカナバニンが含まれており、蓄膿症に効果的なのです。
カナバニンは、炎症を抑制し、膿を出すことにも役立ちます。
膿を取る効果が高いことから、昔からなた豆は「膿取り豆」と呼ばれ、膿を出したいときに使用されていました。
カナバニンは、膿を出すだけではなく、鼻の粘膜の炎症を抑えることも期待でき、蓄膿症の改善に適しています。

では、後鼻漏に対してはどうでしょうか。
後鼻漏の原因は、鼻の粘膜の炎症です。
なた豆茶の炎症を抑える効果によって、後鼻漏にも効果を期待できます。
後鼻漏を病院で治療するときは、抗生剤で炎症を抑え、鼻水を出しやすくする薬を飲んで鼻水を出します。
なた豆茶を飲むことで、この二つの治療と似たような効果を期待できるのです。
また、蓄膿症になったことが原因で後鼻漏になったのなら、蓄膿症と後鼻漏のどちらの症状も同時に改善することを期待できます。
そのため、蓄膿症から後鼻漏になった人に、なた豆茶はおすすめなのです。

効果を感じ始める時期

なた豆茶を飲んだらすぐに蓄膿症や後鼻漏が良くなるという訳ではありません。
個人差もあり、1週間から3ヶ月飲む続けることで効果を感じ始めたという人が多いです。
3ヶ月は飲み続けたほうがよいでしょう。
3ヶ月というと長く感じますが、香ばしく、いつでもゴクゴク飲める飲みやすいなた豆茶なら、無理なく続けることができます。
食事と一緒に飲んだり、運動の後に飲んだりと飲み方は様々です。
効果を感じ始めると、どんなに鼻をかんでも鼻水が出なかったのに、どんどん鼻水が出るようになってきます。
そして鼻の奥まですっきりするようになり、蓄膿症や後鼻漏が改善していくのです。

さいごに

なた豆茶は、蓄膿症だけではなく、後鼻漏にまで効果が期待できます。
病院で治療するよりも手軽に始められるので、忙しい人にもおすすめです。
また、蓄膿症や後鼻漏の薬は妊娠中には飲めないこともありますが、なた豆茶なら妊娠中でも飲むことができます。
ノンカフェインなので、妊娠中にも授乳中にも嬉しいですね。
蓄膿症や後鼻漏に悩んでいるという人は、なた豆茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

コメント